PHOTO

 

20170301@FUSE

【愛と狂気のロックンロール西日本サーキット2017】

Droog × 首振りDolls × THE SLUT BANKS

 

『Droog』『首振りDolls』とのサーキット2本目は首振りDollsの地元、小倉へとやってまいりました。

 

かなり早い時間に小倉へ到着した一行は街を散策。

小倉城へ上ったり、事前に伺っていたオススメの店で食事したりブラブラする中で、一同すっかり小倉の街を気に入ってしまいました。

 

ザ・スラットバンクス、初めてお世話になります小倉FUSE。

デカくてカッコいいライブハウスであります。

この日もVJに『TRASH ART WORKS』が入ってくださり1日をエモーショナルに彩ってくださいました。

 

トップバッターは『Droog』

ドアタマからガツンとぶち上げ沸騰させます。

キャッチーなメロディが多く、荒々しいステージングで奏でられる真っ直ぐなハートは、とても感動的なのです。

 

お次は我々の出番であります。

首振りDollsファンの皆さんが沢山いらっしゃる中で、Droogの激アツなバトンを引き継いだスラットバンクスは、当然『愛と真心』のブッチギリGIGであります。

はじめて我々を体験しているであろう皆さんもノリノリで共有してくださいました。

 

オオトリは勿論地元小倉の若頭『首振りDolls』であります。

怪しく雰囲気たっぷりなSEが鳴り響きメンバー登場。Gt.ジョニーからフロアへ一輪の花が投げ込まれるとライブのはじまり。

場内は一瞬にして危険なダンスホールへと変貌し、全員気が狂ったように踊りまくりであります。

正に首振りDoll達であります。

 

昭和と70年代ロックの猥雑な匂いプンプンな曲達を緩急をつけ次々とプレイして、ラストは彼等のとても純粋な思いをフロアの皆さんへ伝え切り、爆音と共に感動的に光の中へと消えていきました!

もうこの3人ホント神様になっちゃったんではないかと思いました。

 

首振りDollsが小倉の神様から、全国の神様になる日はそう遠くないと確信しました。

危険でピュアなロックの神様であります。

 

皆様ご来場ありがとうございました。

FUSEの皆様お世話になりました。

またすぐに帰ってきます。

 

Photographed by Staff